禁煙について・・・。その2 禁煙について

禁煙について・・・。その2 禁煙について

2017年8月29日
 タバコがあなたや家族に及ぼす悪影響について理解したら、いよいよ「禁煙」にチャレンジです。自分にあった禁煙方法を見つけましょう。一人で禁煙を続けるのが難しい人には、医師と一緒に行う禁煙治療(禁煙外来)があります。
 
 1.タバコをやめて“ここがよかった!“
    禁煙したその日から、周囲の人は、受動喫煙の危険がなくなります。禁煙が長くなればなるほど、健康な体に近づいていきます。経済面でも、禁煙治療(禁煙外来)を受けるほうが、結果的にタバコ代より安くなるメリットがあります。
  2.なぜ、タバコがやめられない?
  
「禁煙したいけどやめられない」という人は少なくありません。その原因は、意志が弱いからだけではなく、ニコチン依存症のためです。ニコチン依存症は、ヘロインやコカインと同じくらいやめるのが難しく、治療を必要とする病気なのです。 
 3.ニコチン依存症を判定するテスト TDS
  
やめたくてもやめられない喫煙習慣のことを「ニコチン依存症」といい、治療が必要な病気とされています。「ニコチン依存症を判定するテスト」であなたもニコチン依存症かどうかをチェックしてみましょう。
          → ニコチン依存症 check
 4.禁煙してみようと思ったら?
  
自分の力だけで禁煙を成功させるには、喫煙と結びつく生活パターンを替えるなどの工夫が必要です。また、禁煙補助薬を使う場合は、ニコチン製剤、ニコチンを含まない薬などいくつか種類があるため、医師や薬剤師に相談して選びましょう。 
 5.禁煙外来って知っていますか?
  
一人で禁煙を続けることが難しい人には、病院の禁煙外来に通いながら、禁煙治療を受ける方法があります。ニコチンを含まない飲み薬を服用し、医師と一緒に取り組むことで、確実に禁煙を進めていきます。しかも、健康保険等の適応が可能です。
 
 
 
24時間予約&専用ダイヤル_050-5533-3165
  • 耳のお悩み
  • 鼻のお悩み
  • のどのお悩み
  • その他のお悩み
  • 採用情報
  • クリニックBLOG
  • Facebook